祝肴三種
おせちの一の重に詰める代表的な料理をさします。
関東と関西では違いがあります。
関東では,卵の数が多いことから子孫繁栄の願いを込めて「数の子」。
勤勉に働けるようにとの願いを込めて「黒豆」。
豊作を願って「田作り」。以上の三種類。
また,関西では「田作り」にかわって,家が代々続くようにとの願いを込めた「たたき牛蒡」となります。

関東風祝肴の三種は黒豆、数の子、田作りを言います。
黒豆はまめに働くため、またまめに生活するためで、数の子は子孫繁栄のためで、田作りは田を耕し豊作を願うもので、正月のおせち料理にはかkさないものであります。年の初めに今年の家内安全や方策、子孫反映を祈るために食べるものです。なおおせち料理は地方によって違いがありますが、おなじように深淵の門出を祈ったものです。


関西風の肴三種

「数の子」「たたきごぼう」「田作り」です。まず数の子は、数が多いことから子孫繁栄の願いが込められています。つづいてたたきごぼうは、ごぼうが地面にしっかり根を張ることに由来して、その家の安泰を祈ります。最後に田作りは、田作りの材料であるごまめを昔は田んぼの肥料にしたことから豊作願いの意味があります。


お正月にお雑煮を食べる日本の歴史

日本には元日になると年神様がやってくるという言い伝えがあり、その神様へのお供え物としてお餅を飾ります。そして、そのお餅を家族で分けあい、神様からの加護や恩恵を受けてその年の豊作や無病息災を祈って食べるという風習があります。
お雑煮は、お餅を頂くための料理の1つなのです。
本来は宮中で食べられていた、「おもち」「あわび」「いりこ」「大豆」「サトイモ」「山芋」「焼き栗」の七つの材料を味噌で煮たものが始まりと言われています。しかしながら、お雑煮という名から「何でも雑多に煮る」ものだと誤解されて「おもち」以外は全くルールなしに全国でアレンジされて食べられるようになりました。
また、お供えの意味合いが薄れて元旦に作って元旦に食べるものとなっていきました。