かまぼこ
かまぼこは半円型をしているため、日の出を意味していると言われます。紅白は祝いの色とされていて、紅は魔除け、めでたさ、慶び。白は神聖、清浄を意味しています。また、保存がきく、高級な海の幸として考えられていました。

くるみ
くるみには「実り」と「家庭円満」の願いが込められています。くるみには固い殻があります。その固い殻で家庭を守ってくれるということが「家庭円満」の由来になっています。


たつくり

田植えの豊作を願い食べたのがそもそもの始まりです。その一年が食べ物に困らず、沢山実りのある一年にしたいとの意味が込められています。
別名ごまめとも呼ばれています。

伊達巻
お正月に食べるお節料理。蓋をあけたとき、ひときわ目をひく鮮やかな黄色い伊達巻。
なぜ伊達巻がお節に入っているか、ご存知ですか?
お節に入っている料理のほとんどは、縁起を担いで何かしらの意味が込められています。
伊達巻の場合は「学問や文化の象徴」。
昔は大切な書物や絵などは巻物になっていました。
その形に似ていることから、学業や習い事がうまくいきますようにという願いが込められているのです。

栗きんとん
おせち料理の「栗きんとん」はその見た目が黄金に輝いてみえる、というところから金銀財宝を意味していて主に金運を招くと言われています。漢字で表記すると「栗金団」となるわけです。

紅白なます
新年を迎え神様がいる時期に台所をうるさくしない為にも日持ちのするなますが適していると考えられています。
また、紅白なますは平和を願う意味を込めておせちにいれると言われています。


昆布巻き

昆布巻きがおせちに入っている理由として考えられるのは、昔から昆布は「よろこんぶ」などが変換して「よろこぶ」になるから、おめでたい食べ物だから、おせちの仲間に加われたのだと思います。また昆布は昔から、日本人に食べられていたから、おせちに加われたし、昆布は海藻なので、ミネラルなど栄養が豊富で、ヘルシーで体に良いので昆布巻きはおせちに入っているのだと思います。昔の人は、昆布巻きなど、感覚と感性で、体に良いものを選ぶことができたのだと思います。

くわい
くわいは大きな芽が出ることから、「芽が出る」つまり出世や才能が花開くことを願って入れられます。また黄色に着色することでお金や豊かさを祈願する、昔は「か」の音を「くわ」と書いたため「くわい」イコール「快」を意味して快い一年になることを祈願する、といった説もあります。


鯛は昔から縁起の良いものとして知られており、「めでたい」の鯛、と言われるように、これからおめでたいことが起きますように、という願いが込められ、おせちに入れられる。

海老
おせち料理は宮中行事で用いられていた料理で,神様に供える料理です。
それが庶民に浸透し,お正月に五穀豊穣、家内安全、不老長寿、子孫繁栄などの祈りを込めた縁起ものの料理として伝わってきました。
海老の朱色は祝い肴に最適です。
また,ヒゲや背が曲がっている様子から,長老をイメージできます。
そのため,不老長寿の象徴として用います。

黒豆
おせち料理には縁起の良いものが入っていて、ちゃんと意味もあります。黒豆の場合は「まめに働く」という語呂合わせです。まめは元気とか丈夫という意味です。今年も一年まめに働けますようにとの願いが込められています。

数の子
数の子は鰊の卵です。
これを二親(にしん)とかけて、にしんからは沢山の子供が生まれることからそれにあやかろうとするものです。
子宝と子孫繁栄、五穀豊穣、つまり人間の生活がより豊かになる事を願って食される縁起物です。

錦玉子
錦卵のにしきは、二色「にしょく=にしき」の卵にかけていて白身が銀色、黄身が金色をおもいうかべ、豪華な配色です。これが縁起の良い色で正月をもてなすおせち料理にふさわしいので錦卵はおせちに入っています。